トップページ > 外交部報道官談話
日本の指導者が靖国神社に真榊を奉納したことなどについて,中国外交部の趙立堅報道官が記者の質問に答える
2020/10/19

中国外交部の趙立堅報道官は18日、日本の指導者が17日、靖国神社に真榊を奉納し、少数の国会議員が靖国神社を参拝したことについて記者からコメントを求められ、次のように答えた。

靖国神社は日本軍国主義が発動した対外侵略戦争の精神的支柱、象徴であり、あの侵略戦争に重大な責任を負うべきA級戦犯14人が合祀(ごうし)されている。日本側の消極的行動は、侵略歴史に対する誤った姿勢を改めて示すものだ。日本側が侵略歴史を直視・反省するとの態度表明と約束を厳守し、実際行動によってアジアの隣国と国際社会の信頼を得るよう促す。

 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org