トップページ > 外交部報道官談話
日本の福島原発汚染水放出問題について,中国外交部の趙立堅報道官が記者の質問に答える
2020/10/20

中国外交部の趙立堅報道官は19日の定例記者会見で福島原発の汚染水問題に関する質問に答えた。

韓国聯合ニュース記者:報道によると、日本政府は27日、福島原発の処理済汚染水を海に放出することを正式に決定するという。これについてコメントは。

趙:福島原発事故による放射性物質の漏えいは海洋環境や食品の安全性、人の健康に深刻な影響を与えている。日本政府が自国民、周辺国および国際社会に対し高度に責任を負う態度で、福島原発のトリチウムを含む廃水の処理プランがもたらす影響を深く評価し、主体的に迅速に、厳格、正確、オープン、透明な方法で情報を開示し、周辺国と十分協議したうえで慎重に政策を決めることを希望する。

 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org