トップページ > 外交部報道官談話
中国外交部の姜瑜・報道官は7日の定例記者会見
2010/12/08

中国外交部の姜瑜・報道官は7日の定例記者会見で、世界の100余りの国と国際組織が今年のノーベル平和賞に反対する中国の立場を明確に支持しており、これは国際社会の多くのメンバーがノルウェー・ノーベル賞委員会の誤った決定を受け入れないことを十分示していると述べた。

さらに姜報道官は次のように述べた。ノルウェー・ノーベル賞委員会が今年の平和賞を中国の法律に違反して服役中の犯罪者に授与するのは中国国内の犯罪行為を公然と支持することであり、中国の司法主権に対する乱暴な干渉である。この間違った決定は中国人民の断固たる反対に遭っているだけでなく、正義を主張する世界の大多数の国から受け入れられていない。

 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org