トップページ > 外交部報道官談話
朝鮮半島双方の有益な接触・対話を支持李明博大統領の談話で中国外交部
2010/12/31

中国外交部の姜瑜・報道官は30日の定例記者会見で、朝鮮半島南北双方の有益な接触・対話を心から希望し、支持すると表明した。

李明博大統領の南北関係や6カ国協議に関する最新の態度表明について質問に答えたもので、さらに次のように述べた。

▽李大統領の北南関係に関する談話に留意している。中国は北南双方が対話・協議を通じて問題を解決し、関係を徐々に改善し、和解・協力を実現することを一貫して主張している。対話・交渉は半島の問題を解決し、末永い安定を実現する唯一の正しい有効な道である。

▽6カ国協議は朝鮮半島の非核化を実現し、地域の平和・安定を守る有効な道である。中国は各国と共に努力し、6カ国協議を通じて「9・19」共同声明の諸目標を達成することを願っている。

(北京12月30日発新華社)

 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org