トップページ > 外交部報道官談話
馬朝旭報道官,日本からの「船舶衝突事件」賠償請求で質問に答える
2011/02/12

問:日本の海上保安庁が最近、釣魚島「船舶衝突」事件について、中国側船長に賠償請求を行ったと伝えられるが、中国側はどう受け止めるか。

答:釣魚島とその付属島嶼は昔から中国固有の領土である。日本側はこの事件における自らの行為を深く反省すべきで、いわゆる賠償請求の権利はない。

 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org