トップページ > 総領事館ニュース
中国の呉邦国委員長、日本の福田首相と会談
2007/12/30
  中国の最高立法機関である全国人民代表大会常務委員会の呉邦国委員長は28日北京で、福田康夫首相と会談した際、「中日はお互いに重要な隣国である。食い違いは存在しているが、共通の利益のほうが主流である。双方は長期的観点から、中日関係を考え、取り扱う必要がある」との考えを示しました。

  呉邦国委員長はその中で、「2008年は中日平和友好条約締結30周年にあたり、また北京のオリンピックイヤーでもあり、中日青少年友好交流年でもある。双方はチャンスを逃さず、両国の国民の相互理解と友情を深めるべきだ」と指摘しました。

  呉邦国委員長はまた、中国の全人代と日本の衆議院と参議院は定期的な交流制度を作っていて、双方の交流は密接になっている。これからは、この交流制度を利用して、両国の各分野における交流と協力を前向きに推し進めていく必要がある」と語りました。

  これに対して、福田首相は、「日中両国は意思疎通と協力を強めれば、アジアと世界の平和と発展に重要な貢献をするだろう」とした上で、「両国の立法機関が交流を強化し、日中関係の発展を促進していくことを願っている」と述べました。(翻訳:KH)

  「中国国際放送局 日本語部」より2007年12月28日
 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org