トップページ > 総領事館ニュース
長野での聖火リレー、中日共同で喝采
2008/04/28

 北京五輪の聖火リレーは16カ国目となる長野県で今日午前830分(北京時間730分)にはじまった。長野県勤労者福祉センター跡地をスタートし、途中、98年長野冬季五輪のスピードスケート会場となった「エムウエーブ」やアイスホッケー会場となった「ビッグハット」を通過し、若里公園へゴールする約19キロのコースで、長野冬季五輪の特色を生かしたコース設定がされた。

 聖火リレーには野球日本代表の星野仙一監督が第1走者のほか、卓球の福原愛選手、競泳の北島康介選手、女子マラソンの野口みずき選手が参加する。(編集KA

「人民網日本語版」 2008年04月26

 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org