トップページ > 総領事館ニュース
陝西省書記・省人民大会主任趙楽際氏、奈良県訪問
2009/04/16

 

趙楽際書記と荒井知事は両省県関係の発展に関する覚書に調印した

 16日、陝西省書記・省人民大会常務委員会主任趙楽際は奈良県を訪問した。鄭祥林総領事は同行し、荒井正吾奈良県知事への表敬、県内視察などの関連活動に参加した。

 趙書記ご一行と鄭総領事はまず荒井知事を表敬した。荒井知事は歓迎の挨拶を述べ、更に今回両省県関係の発展に関する覚書を結ぶにつれて、一層の友好を深め、正式な友好提携締結に向けて努力していく意を示した。趙はこれに対し、陝西省の情勢を紹介し、両省県の悠久たる交流史を顧み、新たな時代においての友好提携の必要性を強調した。最後に、趙は、陝西省と奈良県はそれぞれ西安と奈良との両古都を持つ地域であり、これからは友好提携を契機に、連絡を緊密にし、手を携えてともに発展していこうと提唱した。

和やかな雰囲気、楽しく懇談

 表敬後、双方は両省県関係の発展に関する覚書を結び、その後は荒井知事のご案内で、代表団と鄭祥林総領事は東大寺と唐招提寺を視察し、中日両国の千年をも超えた友好交流を見守ってきた古刹で新時代の友情を語り合った。

 今回の訪日で、趙書記ご一行は奈良県のほか、香川県で両省県友好締結15周年の記念行事に参加し、更にもうひとつ友好提携先である京都府を訪問した。

 

 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org