トップページ > 総領事館ニュース
鄭祥林駐大阪総領事が奈良県知事らを表敬訪問
2009/01/23

     

  鄭祥林駐大阪総領事は1月23日、荒井正吾奈良県知事、川口正志県議会議長、藤原昭奈良市長、橋本和信市議会議長並びに奈良県選出の鍵田忠兵衛衆議院議員らを表敬訪問した。  

  鄭総領事は、挨拶の中で、奈良県各界において長年来中日友好を推進するためになされたこと、特に昨年の胡錦濤主席の接遇や中国四川大地震救援時のご支援に対し感謝の意を述べた。鄭総領事は、奈良は著名な古都で、中国と交流の歴史は長く、鑑真大和上は中日交流史上の優れた代表であり、中日両国人民から長く敬慕されてきた。今後、奈良と中国が新しい歴史情勢のもと、友好の歴史を受け継ぎ、未来を切り開き、各分野における交流と協力をたえず強化し、深めていただきたいと期待を表明した。  

  荒井知事らは、鄭総領事の着任を歓迎すると同時に、2010年は奈良の平城京の遷都1300周年にあたり、その際、奈良で一連の交流と祝賀行事を行う予定であり、これを契機に中国との友好関係を一層発展させたいと表明した。

   

 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org