トップページ > 総領事館ニュース
「中国・インドネシア・イタリア地震被災地激励集会」が神戸で開催
2009/05/21
 

 神戸市職員労働組合は514日「中国インドネシアイタリア地震被災地激励集会」を開催し,矢田立郎神戸市長,大森光則神戸市職員労働組合執行委員長,三国駐大阪総領事館代表者や神戸市各界の人士約千人が出席した.

            
 張欣中国駐大阪副総領事は集会で,四川被災地の一年の復旧再建状況を紹介し,「一方に困難があれば,八方から援助の手が届く」という中国の諺を引用し,中国政府と被災者たちを代表して,援助の手を差し伸べた各界の人々に感謝の意を表した.

 張副総領事はさらに,中国政府は,今後とも世界各国と心を一つにして,互いに協力しあい,手を携えて困難と戦い,また,防災人道分野における国際的交流と協力を強化し,人類の自然災害に対する予防と対応能力を一層高めるように努力していく決意を述べた.

 

 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org