トップページ > 総領事館ニュース
鄭祥林総領事が京都府と兵庫県の日中友好議員連盟懇親会に出席
2009/12/21

  1289日、中国駐大阪総領事鄭祥林は京都府・兵庫県の両府県議会日中友好議員連盟主催の懇親交流会に相次いで出席し挨拶した。

           

  鄭総領事は情熱あふれる挨拶を行い、次のように述べた。

  両連盟は長年にわたって中日友好交流の促進に積極的に貢献したことを感謝する。ここには、美しい自然景色と名所古跡があちこち見えるのみならず、両国文化の淵源深い融合と友好交流の美談も世に広く伝えれいる。着任してから一年間、京都や兵庫等関西ならではの素朴で情熱な人柄と日本伝統文化の精髄を実感した。両連盟は中日友好の伝統を受け継ぎ、チャンスを把握して、青少年交流、教育協力、省エネと環境保全、文化交流等各分野における両国地方の優勢と潜在力を発揮させ、新らたな協力方式を模索し、中日戦略的互恵関係を構築するために一層力を注ぐのを期待する.

           

 京都府議長林田洋と兵庫県議長原吉三も挨拶して次のように述べた。中国は改革開放以来、偉大な成果を取り上げた。現在、中国の経済発展はますます沿岸部から内陸へと進んでおり、全面的に発展している中国は各領域における日中協力を深化させるにより多くのチャンスを提供している。2010年上海万博は、中国の発展成果を展示するとともに、日本企業が技術的な優勢をピーアールし、対中協力を拡大させる絶好のチャンスでもある。これをきっかけにし、各分野における実効的な協力を積極的に推進し、相互理解と信頼関係の構築に共に努力していくと考えている。

 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org