トップページ > 総領事館ニュース
張欣副総領事は甲南大学にて講演
2011/06/29

17日、張欣副総領事は甲南大学で「基本国情から見た中国」とのテーマで講演し、学生60余人が講演を聴いた。

張副総領事は先ず中国の国土が広く、人口と民族が多い、長い歴史を持っているなど、中国の基本国情及びそれにがもたらしてきた影響をプラス、マイナスの両面から紹介した後、新中国の樹立、特に改革開放以来、中国は経済・社会発展において上げられた業績と直面している課題を紹介して、これからも平和発展の道を歩み続ける必然性を強調した。日本の大学生の皆さんがより深く、より全面的に真の中国を知り、中日両国の友好協力及び共同発展のため積極的に貢献するようにと励ました。講演の後、学生の皆さんの質問に答えた。

甲南大学は兵庫県神戸市にある総合的な私立大学で、在校生は約一万人である。

 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org