トップページ > 総領事館ニュース
国務院報道弁公室,白書「中国の平和的発展」発表
2011/09/09

国務院報道弁公室は6日、白書「中国の平和的発展」を発表した。白書は、中国が今後も断固として平和発展の道を歩んでいくことを改めて表明している。

白書は最初のくだりで次のように述べている。13億あまりの人口を抱え、古い文明を持つ中国は、世界の東方で、近代化の道を闊歩前進している。中国に対する世界の関心は、中国がどのような発展の道を選んだのか、中国の発展は世界にとって何を意味するのかに集まっている。

白書は次のように指摘した。中国が世界に向けて繰り返し宣言しているように、中国は常に平和発展の道を歩み、自国の平和的発展を貫くと同時に、世界の平和を守り、各国との共同発展と共同繁栄を積極的に促している。21世紀2回目の10年、中国共産党創立90周年を迎えるにあたって、平和的発展は中国が近代化と富民強国を実現して、世界文明の進歩のためにより多くの貢献をするための戦略的選択であることを、中国は改めて世界に向かって宣言する。中国は今後も断固として平和発展の道を歩んでいく。

白書は全文約1万3000字で、(1)中国が平和発展の道を切り開いた経緯(2)中国の平和的発展の基本的目標(3)中国の平和的発展についての対外方針と政策(4)中国の平和的発展は歴史的必然的選択(5)中国の平和的発展が持つ世界的意義という五つの部分で構成されている。

 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org