トップページ > 友好交流
于淑媛副総領事が大阪府日中友好協会第12回総会に出席

5月19日、于淑媛副総領事が大阪府日中友好協会第12回総会講演会及び懇談会に出席した。谷井昭雄会長をはじめ百人あまりの会員及び友好協会、華僑華人の代表が参加した。

于淑媛が懇談会の挨拶で次のように述べた。今年が中日国交正常化40周年である。40年来、中日関係が各分野で大きな発展を取り上げた。その中で、大阪府日中友好協会をはじめ日本の民間友好団体が重要な役割を果たしている。今年は中日両国政府に定められた「中日国民交流友好年」でもある。これをきっかけに、大阪府日中友好協会が中日両国民間交流を促進するため更に活躍することを期待する。

    谷井が挨拶で次のように述べた。協会は発足して以来、周恩来総理の「民間が先行し、民を持って官を促す」の呼びかけに応じ、交流事業を通じて中日友好に努めている。今年が中日国交正常化40周年にあたり、より多くの民間団体が友好交流に参与し、中日互恵協力関係の更なる発展を実現したい。

    懇談会の前、女優の中野良子が「日本と中国未来に向けて」というテーマで講演を行った。

 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org