トップページ > 友好交流
コンドズ・ユスフ副総領事が香川県日中友好協会で講演
2012/06/14

 6月9日、コンドズ・ユスフ副総領事が香川県日中友好協会で講演を行った。香川県日中の会員、県各界の代表など60人余りが出席した。

 コンドズが少数民族外交官としての経験を語りながら、中国の少数民族政策、民族自治区の発展状況、多民族の調和の取れた共生について紹介した。紹介の目的が、日本国民の中国に対する理解の深化、中国各民族の人民との友好関係の構築であると述べた。さらに、今年が中日両国国交正常化40周年であり、40年前、両国国交正常化のために先代の政治家たちが尽力し、その代表的な人物の一人は香川出身の元総理大臣大平正芳である。香川県日中の皆様が先代の志を継ぎ、中国人民とともに、両国友好のために努力してほしいと、期待を語った。

 講演後、コンドズが懇親会にも出席した。香川県日中会長の藤井賢、参議院議員植松恵美子、衆議院議員玉木雄一郎などが挨拶し、両国国交正常化40周年を契機に、香川と中国各地との交流や協力を推進したいと述べた。

 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org