トップページ > 友好交流
孔多孜•玉素甫副総領事が京劇公演に出席
2012/06/20

 6月15日、孔多孜副総領事がシアターBRAVAに行われた京劇公演「孫悟空大鬧天宮」に出席した。大阪府各界関係者が千人あまり鑑賞した。

 孔多孜が挨拶で次のように述べた。京劇は中国の国粋として中国人に親しまれ、日本を含む世界の人々にも知られ、その魅力を感じられるようになってきている。今年は中日国交正常化40周年にあたり、両国政府に定められた「国民交流友好年」である。京劇公演はその記念事業の一環でもあった。公演を通じて日本国民が中国文化をより一層ご理解いただき、両国友好関係を促進できるよう期待している。

 大阪府府民文化部国際交流監楠本政幸が挨拶で次のように述べた。日中国交正常化40周年をきっかけに、各分野の交流を強化し、両国関係の更なる発展を希望すると同時に公演の成功を祈る。

 公演の主催者は日本経済新聞社、NPO法人京劇中心、テレビ大阪であった。人民日報が共催した。北京京劇院の著名な俳優が出演した。この前、公演が東京で14回行われた。

 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org