トップページ > 友好交流
「中国映画を見よう」第十三回上映会が開催

  7月18日、「中国映画を見よう」第十三回上映会が駐大阪総領事館で開催された。今回の上映作品は「フーケアーズ」とドキュメンタリー「芝居ファン」である。

  長さ30分のドキュメンタリー「芝居ファン」は国粋京劇および地方の芝居のファンの活動を紹介した。これらのファンは、それぞれが独特な方式によって民族芸術を理解し、継承しながら、伝統文化を自分たちの努力によってより大勢の人に伝えようと取り組んでいる。

  映画「フーケアーズ」は結婚証書を手がかりとして、13歳の女の子の角度から夫婦双方の結婚生活の矛盾と複雑な感情を反映し、物質豊かな今日で中年夫婦の婚姻生活と家庭関係への考えを引き起こした。

  放映が終わった後、観客は中国のお茶を楽しみながら歓談した。ある観客は中国でも日本でも同じ問題がある。家庭の夫婦関係が子供の心理的健康に直接に影響を与える。親として子供の心を配慮しなければならない。ある観客は13歳の女の子の角度から家庭社会問題を観察する撮影方法に関心を寄せた。

 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org