トップページ > 中日関係ニュース
菅義偉首相,王毅氏と会見
2020/11/26

日本の菅義偉首相は25日、東京で日本を公式訪問している中国の王毅・国務委員兼外相と会見した。

王氏はまず習近平主席から菅首相へのメッセージを伝え、また中国指導者の親しいあいつを伝えた。王氏は次のように述べた。日本の新政権成立後、習近平主席は菅首相と電話会談し、中日関係の持続的改善、発展について重要な共通認識に達し、両国関係の穏やかな移行を実現し、次の段階の中日関係の発展方向を明確にした。

王氏は次のように述べた。長年の努力で中日関係はついに正常な軌道に戻った。双方はこの容易に得られない局面を大切にしなければならない。次のステップとして中国は日本と新時代の要請にかなった中日関係の構築に力を入れ、この目標を早期に実現し、開花、結実させ、両国人民に恩恵をもたらし、また2022年の中日国交正常化50周年を迎えるためのしっかりした基礎を固めることを願っている。1、真の相互信頼を確立し、敏感な問題を適切に処理し、全方位協力を推進しなければならない。2、地域協力を推進し、自由貿易圏構築を急ぎ、アジアの素晴らしい未来を共に切り開かなければならない。3、グローバル・ガバナンス体系改革に共に尽力し、グローバル化をよりオープン、包摂、ウィンウィンの方向に発展させ、両国が果たすべき国際的責任を担わなければならない。

菅氏は習近平主席からの重要なメッセージに感謝し、王氏に中国の指導者への心からのあいさつを託した。菅氏は次のように表明した。発展、安定の日中関係は日中両国だけでなく、地域と国際社会にとっても非常に重要で、両国の共通の責任である。日本の新内閣は日中関係を非常に重視しており、中国と相互信頼を増進し、両国関係の安定発展を共に図ることを願っている。日本は中国と協力を強化し、東京オリンピック大会と北京冬季オリンピック大会の開催成功を後押しし、日中国交正常化50周年を共に祝うことを希望する。

王氏は訪問中、茂木敏充外相と会談し、また加藤勝信内閣官房長官、福田康夫元首相、二階俊博自民党幹事長ら日本の友人と会見した。

 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org