トップページ > トピックス > ラサ314暴力事件
2008年4月1日の中国外交部姜瑜・報道官の定例記者会見
2008/04/09
  2008年4月1日の中国外交部姜瑜・報道官の定例記者会見のうち、日本関係の一問一答は次の通り。

 問 ダライ・ラマが来週、日本を通過するが中国はどう受け止めるか。これは5月に予定されている胡錦涛主席の訪日に影響しないだろうか。

 答 ダライに対するわれわれの政策は一貫し、明確なものである。われわれは彼がいかなる名目、身分で、いかなる国に行って祖国を分裂させる活動を行うことにも反対し、またいかなる国の政府関係者がいかなる名目、形式で、ダライの分裂活動を容認し、支持することにも反対しており、われわれの立場は確固たるものである。

 問 日本のメディアの報道によると、胡錦涛主席は5月6日に訪日するといわれるが、どうか。

 答 胡主席の日本訪問のスケジュールについて、両国は現在積極的に協議しており、われわれは慣例に従って、適当な時期に情報を発表する。われわれは胡主席の今回の訪日を非常に重視しており、この訪問を通して日本側と共に両国の今後の方向について計画をたて、中日関係を長期的安定的な発展の軌道に乗せることを希望している。

 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org