トップページ > トピックス > ラサ314暴力事件
姜瑜外交部報道官、「チベット独立」分裂勢力によるロンドン、パリでの北京五輪聖火リレー妨害・破壊について質問に答える
2008/04/09

 問:ロンドンとパリでの北京五輪聖火リレーの際、「チベット独立」をたくらむ分裂勢力が五輪聖火リレーを妨害、破壊した。コメントは。

 答:北京オリンピックは世界人民共通のスポーツの祭典であり、オリンピック聖火は世界人民の聖火である。4月6日と7日、英国とフランスの国民の温かい歓迎の下で、北京五輪聖火はロンドンとパリで無事にリレーを終えた。

 われわれは「チベット独立」をたくらむ分裂勢力が、オリンピック精神と英・仏両国の法律を無視し、下心をもって聖火リレーを妨害・破壊したことを強く非難する。崇高なオリンピック精神を汚したこの卑劣な行動は、オリンピックを愛する全世界の人々への挑戦である。われわれは五輪聖火が担うオリンピック精神と「平和・友情・進歩」の理念は何人たりとも阻むことはできないと信じている。

 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org