トップページ > トピックス > ラサ314暴力事件
中国公安、拉薩「3・14事件」で攻撃用武器を押収
2008/04/05

 公安部報道官弁公室によると、拉薩(ラサ)「314事件」の発生以降、西蔵(チベット)自治区、四川省、青海省、甘粛省の公安機関は僧侶や市民の通報に基づき、事件にかかわる僧侶の僧院宿舎などから攻撃用武器を押収した。内訳は銃185丁(五四式拳銃六四式拳銃半自動小銃などの軍用銃7丁、模造銃41丁、猟銃火薬銃小口径拳銃小口径小銃など137丁)、各種銃弾14367発、取締対象の刃物2139丁、爆薬3862.05キロ、雷管19360本、手榴弾2発、手製爆弾2発、導火線1277.15メートル。「チベット独立」を主張する旗、スローガン、横断幕、宣伝冊子などの宣伝品も多数押収した。(編集NA

                                                                「人民網日本語版」 2008年04月04

 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org