トップページ > トピックス > 2008年北京五輪
スローガン
2008/07/28

北京五輪のスローガンが「同じ世界、同じ夢」(One World,One Dream)に決めた。

 

 

このスローガンは「連帯、友情、進歩、調和、参与、夢」というオリンピック精神の本質と世界の普遍的な価値観を具現するものであり、「オリンピック精神に感化され、人類の望ましい未来を目指す」という世界共通の念願を表すものとなった。人々にとって、皮膚の色、言語、人種はそれぞれ異なるが、われわれはオリンピックの魅力と喜びを分かち合い、人類の平和の夢を共に求めるのである。このスローガンには、「われわれは同じ世界に属し、われわれは同じ念願と夢を持っている」という意味がこめられている。

 

「同じ世界、同じ夢」(One World,One Dream)というスローガンは北京五輪の核心をなす理念、「環境にやさしいオリンピック、科学技術のオリンピック、人文のオリンピック」という北京五輪の「三大の理念」の中でも核心、かなめと見なされる「人文のオリンピック」に含まれる調和のとれた価値観を具現するものである。調和のとれた社会の構築、調和のとれた社会の発展こそわれわれの追求する夢である。「天人合一」(自然との共生)、「和を貴とする」という思想は昔から、中国の人々が人と自然、人と人の間の調和のとれた関係に対する理想と追求であり、「平和・進歩、調和のとれた発展、睦まじく付き合い、協力して共に勝利を目指し、睦まじく楽しい生活」が世界共通の理想であるとわれわれは信じている。

 

このスローガンは簡潔で深い意味がこめられたものであり、中国のスローガンでもあり、世界のものでもある。北京と中国の人々は諸国、諸地域の人々と共にうるわしい世界を作り、文明の成果を分かち合い、手をたずさえて未来を築き上げる至上の理想を表し、五千年の文明を擁し、現代化に向かって前進している偉大の中華民族が世界の平和・発展、調和のとれた社会の構築、人々の幸せのために努力するという揺るさない信念を明らかにし、13億の中国人民がより平和な、より美しい世界を構築するために力を寄与するという心の中の思いを表している。

 

(「人民中国」ウェブサイトより)

 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org