トップページ > トピックス > 2008年北京五輪
トーチ
2008/07/28

   北京五輪の聖火トーチは長さは72センチ、重さは985グラム。トーチは15分間燃焼しつづけることが可能であり、風速がゼロの環境でも聖火の炎の高さは25-30センチを保てる。プロパンガスは環境にやさしい燃料である。炎の色は黄色で鮮やかなものであるので、強い光や日光の下においても識別することができ、撮影にも便利である。トーチの外形の材料はリサイクルが可能な、環境にやさしい材料である。

北京五輪聖火トーチの外観のデザインは中国の伝統的な「祥雲(吉祥の兆しの雲)」の図案からインスピレーションを受けたといわれる。「祥雲」という文化の概念は千年以上の歴史があり、代表的な中国文化の記号である。トーチの造形デザインのインスピレーションは中国の伝統的な紙の巻物をイメージしたもの。紙は中国の「四大発明」のひとつであり、シルクロードを通じてアラブ諸国、地域やヨーロッパへ伝えられた。人類の文明は紙のおかげで伝播し始めた。漢の時代を起源とする鮮やかな赤色を使った北京五輪の聖火トーチはこれまでの五輪大会のそれと異なり、レッドとシルバーのコントラストは目覚しい視覚的効果があり、各種メディアによる伝播にもプラスとなる。トーチは上下の比例にむらがなく、「祥雲」の図案とレリーフの工芸デザインにより、トーチはトータルな意味で上品で優雅で、華麗な特色があり、内容も豊かで、強い歴史的特性もある。

 

(「人民中国」ウェブサイトより)

 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org