トップページ > トピックス > 2008年北京五輪
北京の選手村はすごい!(1)想像を超える環境のよさ
2008/08/06
 北京の五輪選手村にはオープン以来、世界各地の選手・コーチ・職員・記者らが集まり始めている。質素で落ち着きのある「村長の家」、にぎやかなショッピングストリート、設備のそろった居住区、清潔できちんとした村の様子、多様で豊富な飲食物、熱心で周到なサービス――世界各国からのゲストも選手村を高く評価している。

 ▽想像以上の環境のよさ

 カザフスタン代表団の副団長は親指を立て、「選手村の全てに満足。選手村入りしてから不満に思ったところは1つもない」とにっこり。オーストラリアのオリンピック委員会のメディア担当者も、「選手村の施設はすごい。たくさんの木があり、花が咲き、川が流れている。宿泊環境も一流だし、レストランの食事もとてもおいしい。選手たちはここでの滞在を喜んでいる」と驚嘆を隠さない。オランダ代表団の副団長も、「北京の選手村はこれまで見たなかで最高の選手村だ」と語る。中国の魅力が表現されるとともに、さまざまな文化の融合ともなっており、「遠くから来たゲストにも不慣れな土地に来たという印象を与えない」という。日本の水泳チームの上野広治監督も、北京の選手村を「五輪史上最高の環境」とし、レストランの食事もおいしいと評価している。(編集MA)

 「人民網日本語版」2008年8月5日
 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org