トップページ > トピックス > 2008年北京五輪
エコ五輪(3)制冷剤
2008/08/20
 制冷剤については、中国はエアコン生産でフロンガスの一種・クロロジフルオロメタン(HCFC-22)を冷媒として使用し、これがオゾン層を破壊すると同時に、気候変動を進行させてきたという経緯がある。今回の報告によると、中国は2007年7月、ほかの発展途上国より2年半前倒しして、主なオゾン破壊物質であるフロン類(CFCs)の淘汰目標を達成した。中国は「オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書」(「モントリオール議定書」)に基づき、2030年までにハイドロクロロフルオロカーボン(HCFCs)を制冷剤として使用することをやめ、オゾン層への影響を軽減する方針だ。(編集KS)

 「人民網日本語版」 2008年08月11日
 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org