トップページ > トピックス > 2008年北京五輪
エコ五輪(2)エネルギー消費
2008/08/20
 グリーンピースの報告では、主に北京市の五輪開催申請の過程における環境方面での承諾事項と「エコ五輪行動計画」に基づき、6つの環境テーマを中心的に取り上げている。▽大気の質と気候変動▽エネルギーの使用と制冷剤▽交通▽水と汚水処理▽森林保護▽有毒物質・廃棄物の管理――の6テーマだ。北京市はこれらのテーマをめぐり、多大な努力を重ねてきた。

 北京は数年前に上海市からその座を奪って以来、ずっとエネルギー消費量が国内で最も多い都市となっている。国家統計局によると、中国の2007年のエネルギー消費量は標準石炭(TCE)換算で26億5千万トンに上り、消費量の引き下げは北京がエコ五輪という目標を達成するための重要な対策の一つとなった。五輪開催期間に競技場で使用される電力の20%は、同市初の風力発電所「北京官庁風力発電所」から送られるクリーンエネルギーが充てられる予定だ。(編集KS)

 「人民網日本語版」 2008年08月11日
 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org