トップページ > トピックス > 2008年北京五輪
発展改革委がみた五輪(1)経済発展の分水嶺に非ず
2008/08/20
 2008北京国際プレスセンターで17日、北京五輪と中国の経済発展との関連についての記者会見が行われ、国家発展改革委員会マクロ経済研究院の王一鳴副院長をはじめとする専門家が、状況を説明し質問に答えた。

 北京五輪と中国の経済発展との関連について、王副院長は「五輪がもたらした経済や投資の伸びが中国の経済・投資全体に占める割合は小さく、五輪は中国の経済発展の分水嶺にはなり得ない」と述べた。王副院長の発言の主な内容は次の通り。

 2008年は北京五輪開催の年であり、また中国の経済発展が新たな周期的調整に入った年でもある。ポスト五輪期には、プレ五輪期にあったようなスポーツ競技場や関連のインフラ施設の建設による大規模な投資ニーズ、五輪開催期間中に国内・海外からの観光客がもたらした巨大な消費ニーズは縮小するか、短期間に消滅する可能性もある。だが過去30年にわたり中国経済の持続的急成長を支えてきた基本的なエネルギーは変わらない。五輪がもたらした経済・投資の伸びが中国の経済・投資全体に占める割合は小さく、五輪は中国の経済発展の分水嶺にはなり得ないし、経済の安定的で急速な発展情勢を変えることもなく、経済成長の潜在力や経済発展の基本的側面に影響することもない。(編集KS)

 「人民網日本語版」 2008年08月18日
 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org