トップページ > トピックス > 中国映画を見よう > 記事
「中国映画を見よう」第五回上映会が開催
2012/03/25

3月22日、「中国映画を見よう」第五回上映会が駐大阪総領事館で開催された。今回の上映作品は「ヘブン・アンド・アース天地英雄」である。

映画は有名の監督何平により作られた。中国で有名な俳優のチアン・ウェン(姜文)、ワン・シュエチー(王学圻)、ヴィッキー・チャオ(趙薇)と日本の大御所俳優中井貴一が出演した。

 
唐王朝のシルクロードで国の統一と治安を政治的に安定化させる鍵になる仏教の神聖を象徴する「舎利」を守るため、正義の力は邪悪と戦う映画だった。映画の中に君主に対する臣下の「忠」もあり、義理兄弟間の「義」もあり、国籍を問わず友人の間の「情」もあった。

放映が終わった後、観客たちが交流を行った。海崎様は、映画はシルクロードの物語で日本と中国の歴史上のゆかりを表したと話した。ある観客はこの映画は視覚インパクトもあり、心に響く力もあった。より多くの人は中国のいい映画を見られるよう期待すると話した。

 
 

 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org