トップページ > トピックス > 中国映画を見よう > 記事
「中国映画を見よう」第十六回上映会が開催

9月5日、「中国映画を見よう」第十六回上映会が駐大阪総領事館で開催された。今回の上映作品は「帰省男、辛いよ」とドキュメンタリー「北京風情」である。

ドキュメンタリー「北京風情」は首都北京が全国の政治や経済、文化の中心として古い歴史と現代の活力に溢れている都市スタイルを紹介した。

「帰省男、辛いよ」は異なる生活の経歴を持っている主人公の二人が春節前の里帰りの途中の物語である。主人公牛耿の楽観的で優しい心が李の殺伐とした心を打ち、李は自分自身を見つめ直した。

放映が終わった後、観客は中国のお茶を楽しみながら歓談した。ある観客は次のように述べた。日本で中国のコメディをあまり見えない。このような人を笑わせ、心を暖める映画がすばらしい。ある観客は中国人の年末の里帰りのシーンに印象的だと表した。

 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org