トップページ > トピックス > 2010上海万博
マカオウイークが開幕
2010/10/14

開幕式で上演された「竜師争覇」

上海万博のマカオウイークが10月13日に開幕し、式典が万博会場の宝鋼大舞台で開かれた。マカオ特別行政区の崔世安行政長官が開幕を宣言した。

開幕式で崔世安行政長官は、「イベント期間中にはパレードや文化、産業の展示などでマカオの多元的な文化の特色を披露する。それにより、入場者にマカオの祭りの雰囲気を感じてもらい、マカオ特別行政区成立以来の成果と素晴らしい生活を分かち合いたい」とあいさつした。

上海市の韓正市長は、「マカオウイークはさまざまなイベントで国内外からの多くの入場者に文化の盛宴を提供し、上海万博にきらびやかな彩りを添えるだろう」とあいさつした。

マカオウイークは「マカオを感じる、祭りの都市」をテーマとし、数百年来の歴史の中で中国とポルトガルの文化が融合したマカオの独特の魅力と返還以来の発展の成果をアピールする。ウイークではパレードや文芸の公演などの多くのイベントが予定され、マカオ歌舞団やマカオ少年合唱団などの一流のグループの団員も450人近くが参加する。また、期間中にはカーレースのマカオグランプリの展示エリアが会場内に設置されるほか、マカオ特別行政区10周年の成果展、マカオ世界遺産写真展と舞台ショーなども開催される。

(編集:三好雅彦)

 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org