トップページ > トピックス > 2010上海万博
ホンジュラスデー開催
2010/10/27

式典でのホンジュラスの特色あふれる演技

上海万博は10月27日、ホンジュラスデーを迎え、式典が万博会場の万博センターで開かれた。

式典でホンジュラスのEscalante工商相は、「上海万博はホンジュラスに多くのチャンスをもたらした。多くの国がホンジュラスを理解し、ホンジュラスの輸出拡大を推進した」とあいさつした。

中国貿易促進会の董松根副会長は、「ホンジュラス館は設計と配置が巧妙で、伝統文化と現代の科学技術の要素を融合させている」と語った。

式典では快活な音楽が流れる中、ホンジュラスの役者が特色ある演技を披露した。

万博会場の中南米連合館にあるホンジュラス館は、同国のコパン遺跡のマヤ文明をデザインの要素としており、正門の両側にある2本の石柱はコバン遺跡の人の石像を模している。中央には赤いマヤの寺の模型があり、さまざまな模様やレリーフが神秘的なマヤ文明を想起させる。緑と青に分けられた館内の床は、ホンジュラスが海に面する国であることを示している。壁にはホンジュラスの風土や人情を紹介する写真が展示され、来館者にホンジュラスの美しさをアピールしている。

(編集:三好雅彦)

 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org