トップページ > トピックス > 新中国成立60周年
胡錦濤総書記らが「中華人民共和国成立60年の成果展」を見学
2009/09/21
  新中国成立60周年を前に,胡錦濤,江沢民,呉邦国,温家宝,賈慶林,李長春,習近平,李克強,賀国強,周永康の各氏ら中国共産党と国家の指導者が19日,北京展覧館で開かれている「光り輝ける60年??中華人民共和国成立60年の成果展」を見学した.

  テーマ展示ホールでは,新中国成立以来の農業,工業と情報化,インフラ,科学教育,文化,人口・健康・社会保障,開放型経済,資源,環境,少数民族,国防,香港・澳門(マカオ)・両岸関係の発展,外交面の非凡な業績が,全方位的に展示されている.胡総書記は見学後「わが国はまだ発展途上国であり,現在も今後も長期間にわたり社会主義初級段階にある.前進の道程では,なお多くの予見可能な,あるいは予見不可能な困難に遭遇し得る」と指摘.「皆が心を1つにして,たゆまず奮闘し,小康社会(ややゆとりのある社会)の全面的な建設における新たな勝利を奪取しなければならない」と強調した.
 
 
 
「人民網日本語版」2009年9月21日
 
 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org