トップページ > トピックス > 新中国成立60周年
周恩来氏が中国を代表して初めて国際的舞台に
2009/09/22
  1954年4月から7月,周恩来氏が中国政府を代表してジュネーブ会議に参加した.新中国が5大国の1つの地位と身分で初めて国際会議に参加し,新中国の指導者が国際舞台で初めて正式に登場したことで世論から大きく注目された.中国代表団は「誠意を持って今回の会議に参加」し,「また会議の成功を心から希望」していた.しかし米国の妨害により,会議では朝鮮問題について何の協定も結ばれなかった.インドシナの平和回復を討論した際には,周恩来氏が優れた外交手腕を発揮し,各方面の努力により最終的に「ジュネーブ会議最終宣言」が結ばれ,インドシナの平和が基本的に回復された.会場外でも周恩来はあらゆるチャンスを利用して,各代表団や各方面の人間と接触.周恩来氏の誠実で率直,機知に富み洒脱な人柄が人々,特に新中国と接点がなく,疑念を持っていた人々に深い印象を与えた.
 
 
 
「人民網日本語版」2009年9月22日
 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org