トップページ > トピックス > 新中国成立60周年
建国記念軍事パレードの準備が整う,観覧時間は66分間
2009/09/24
 国慶(建国記念日)プレスセンターの初の記者会見が23日に北京で開かれ,建国記念軍事パレードの状況について,軍事パレード総合指揮部弁公室の常務副主任で報道官を務める高建国少将が,国内外の記者100人を前に詳しい説明を行った.今回の建国記念軍事パレードで披露される装備は100%国産で,うち90%近くが初参加.軍事パレードの準備はすでにほぼ整っている.

■合同予行演習は順調に終了

 今回の軍事パレードには陸軍,空軍,第二砲兵(戦略ミサイル部隊),武装警察部隊,民兵予備役部隊が参加する.北京軍区,済南軍区,南京軍区,広州軍区,海軍,空軍,第二砲兵,武装警察部隊,解放軍4総部直属機関,および北京市など13の大きな機関から選ばれた部隊だ.すでに合同予行演習は完了し,各準備作業もほぼ整っている.

■観覧時間は66分間

 軍事パレードは入場,現場準備,閲兵式,分列式,撤収の5段階に分けて実施される.観衆が見ることができるのは閲兵式と分列式で,計66分間.14の徒歩隊列,30の装備隊列,12の航空編隊の計56隊列(編隊)が登場する.徒歩隊列には3軍儀仗隊,陸軍・海軍・空軍・第二砲兵の軍校と部隊の隊列,武装警察・民兵・予備役の隊列が含まれる.装備隊列には戦車,歩兵戦闘車,大砲,ミサイル,支援装備の隊列が含まれる.12の航空編隊には早期警戒管制機,爆撃機,空中給油機,戦闘爆撃機,戦闘機,ヘリコプター,練習機の編隊が含まれる.1航空編隊は6潤オ18機からなり,くさび隊形と「品」字隊形を組む.

■新装備が多数登場

 今回の軍事パレードに登場する装備はわが軍の現役武器・装備の全体的なレベルをほぼ反映している.また,総兵力が減り,ハイテク・特殊部隊が増加しており,機械化・情報化の複合的発展というわが軍の現在の特徴を反映している.52種類の装備が登場し,その100%が国産で,90%近くが初参加だ.陸軍の新装備には各種の戦車,大砲,対空ミサイル,ヘリコプター,無人機,衛星通信設備などがある.海軍の新装備には対艦ミサイル,地対艦ミサイル,艦対空ミサイル,海兵隊戦車,戦闘爆撃機などがある.空軍の新装備には早期警戒管制機,戦闘機,新型レーダー,パラシュート兵戦車,地対空ミサイルなどがある.第二砲兵の新装備には通常ミサイル,核ミサイル,巡航ミサイルがある.世界の多くの国には,重要な記念日や盛大な祝日に軍事パレードを行う習慣があり,この中で武力・武器・装備を展示するのも慣例だ.
 
 
 
 
「人民網日本語版」2009年9月24日
 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org