トップページ > トピックス > 2008年北京五輪
発展改革委がみた五輪(4)8つの五輪遺産
2008/08/20
 王副院長は次のように述べた。

 2001年以来、北京市は「エコ五輪、科学技術五輪、人文五輪」の理念に基づき、五輪の準備活動と市の経済社会の発展に向けた長期的ニーズとを結びつけるよう努力し、決定済みの投資プランを前提として、都市のニーズに対応した五輪遺産を建設するよう努力してきた。私が観察し分析したところ、五輪が残す遺産や資産はおよそ次の8つだ。(編集KS)
 (1)精神的遺産:特に創造精神という遺産。
 (2)知的遺産:科学技術、市場、文化についての知識。
 (3)文化遺産
 (4)人的遺産:今回の五輪準備プロセスでは「人文五輪」の理念を貫き、非常に重要な部分では国民の参加を求め、文化クリエイター、科学技術者、経営管理者など各方面の人材を育成した。
 (5)社会資産と顧客資産の形成:今回の北京五輪は海外での視聴率が非常に高くなる見込み。
 (6)物質的資産:これはよく指摘される点だ。
 (7)関連のインフラ設備
 (8)金融遺産

 「人民網日本語版」 2008年08月18日
 
Suggest To A Friend
  Print
中華人民共和国駐大阪総領事館 著作権所有
http://osaka.china-consulate.org